現在の位置 : ホーム > ブログ > 懐かしい面々と。

店長の気ままにひとりごと

懐かしい面々と。

カテゴリー:ブログ | 2018年06月04日

こんにちは。
虫歯予防デーのマンデー、いつものようにむーんがお送りします。

先週末、会社の同僚そして昔会社にいた元同僚たちと飲む機会がありました。
といってもむーんはお酒、飲まないのですが。
そんなメンバーですから、あの人はいまどうしてるとか当時はこうだったよねーとかいろんな話で盛り上がりました。
当時(20年くらい前かな)も結構飲みに行っていたのですが、会話の内容って確実に変わってますね。
いまは子どもの話だったり、健康の話だったり。
驚いたのが会社の同僚ふたり(しかもむーんと同い年)が尿管結石で救急車で運ばれたって話。まったく知りませんでした。
日頃から水分をしっかり摂ること、ほうれん草やバナナも過剰摂取も原因になる、とか参考になりました。
歳を取るということはいろんな病気のリスクが高まっているんだな、なんて感じました。
こうやって20年以上も前の話をしているともう忘れていたような話や人物を思い出すことがあります。そして病気をすることで自分を見つめ直すきっかけになったりもします。

先日、数年前にお世話になった方の句集のあとがきを読んでいたらやはり出版のきっかけは病気(心筋梗塞)をしたことだったそうです。
人生の棚卸し、というかどこかで自分自身、立ち止まって振り返ってまた次のステップや方向を見定めることって大切なんだなあと感じます。
先週も家系を辿る本、そして句集の問合せがありましたが、まだまだそういう記録や思いをかたちに残したい人って多いと思います。
こういう自分史や作品集を出すことって人生のまとめ、と捉える人が多いと思うけれど「これまでの自分」を見つめ直して「これからの自分」はどう進んでいくかってことを確認する意味でも大切なことなんじゃないかなって思います。
楽しいお酒の席だったですけど、ちょっとした気づきの場になった気がします。
それではまた来週。