現在の位置 : ホーム > ブログ > その他 > 追う側が追われる側に

店長の気ままにひとりごと

追う側が追われる側に

カテゴリー:その他 | 2013年02月02日

こんばんは、ヤエモンです。
明日は節分。
子供の頃は、夜になると窓を開け、外に向かって大きな声で「鬼は外、福は内」と叫びながら豆をまきました。
恥ずかしくて早く終わりにしたい、という気持ちが大きかったですね。

今日はそんな私がDiPS.Aで一日早く豆まきをしましたよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これからの一年、みんな元気で過ごせるように、また、福であるお客様が沢山来てくださることを祈って。

この節分、もともとは大晦日の夜に行われていた宮中行事の一つだったとのこと。
追儺式といって、鬼の面をつけた方相氏(呪師)が悪い鬼を追い払うというものだったらしいのです。
それがいつの間にやら、鬼の面をつけた人が豆を投げつけられながら逃げまわる、ということになり、定着してしまっているようです。

神社によっては、今もお面をつけた方相氏が赤、青、黄色の鬼を追い払うという昔からの「鬼やらい」を行っているようですよ。

明日はあちこちで豆まきの元気な声が聞こえるかな?