現在の位置 : ホーム > ブログ > その他 > 紙はやっぱり宝物

店長の気ままにひとりごと

紙はやっぱり宝物

カテゴリー:その他 | 2014年01月09日

長いお正月休みが終わって本日4日目。
だんだんと体がなれてきました、ヤエモンです。
今年もよろしくお願いします。

お店や自宅を大掃除をしながらも、やはり「紙」は捨てられずにいました。
古くて処分対象となった紙を拾い、断裁で余分となり切り落とされた紙を拾い、これもあれもまだまだ使えると拾い集め、あきれられてもやめられない。
断捨離?そんな言葉は知りません。
Mottainaiは知ってます。

先日小さなお客様が来店した際、棚の下にあった紙の切れ端の束を指さし、「これステキ」って囁き、目を輝かせていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さなお子さんにはこのカラフルなものが宝物に思えたかもしれませんね。
こんな小さな切れ端でも、アルバムのデコレーションには重宝すると思いますよ。
お店ではじめたアルバムカフェ。
抜型もいろいろありますので、是非遊びに来て下さいね。

なかなか捨てられない私が、何でもかんでも取っておくからいけないと、一大決心をして捨てたオブジェになりそうな真っ赤なタイプライター。
何故、捨ててしまったんだろう、といまだに悔やまれてなりません。
古いものには魅力的なものが沢山あります。
お店にある活版印刷機の手キンもその一つです。
そして今年もまた捨てられない私に変わりはなさそうです。

今年もよろしくお願いいたします。