現在の位置 : ホーム > ブログ > データ作成豆知識 > オーバープリント2

店長の気ままにひとりごと

オーバープリント2

カテゴリー:データ作成豆知識 | 2012年11月14日

こんにちは。オペレーターのSです。風邪をひきました・・・みなさんも体調管理には充分にお気をつけください。

 さて前回お話ししたオーバープリントの続きを少し。

 

どちらの☆もK100%で作成 されていますが左側が赤味がかって見えるとおもいます。左にのみオーバープリントがかかってるんですね。見当ズレの心配はなくなりますが、予想外の色に仕上がってしまった〜なんてこともあり得ます。特に面積が大きいオブジェクトでは気になりますね。

 この☆、半分ずつ色を変えている訳ではありません。1つのK100%の濃度のオブジェクトなんですが、オーバープリントをかけることにより、背面にあるオブジェクトの色の影響を受けてしまったため、中央で色が分かれたように見えるんです。

 こういう場合はオーバープリントのチェックを外し、黒のオブジェクトにCMY各40%ほどを加えたリッチブラックにしましょう。締まりのある黒になります。ただ全色100%にすると濃度が濃すぎて汚れの原因になったりしますのでご注意ください。

それではまたお会いしましょう。(*゚∀゚)ノシ