現在の位置 : ホーム > ブログ > データ作成豆知識 > レジストレーション

店長の気ままにひとりごと

レジストレーション

カテゴリー:データ作成豆知識 | 2012年12月05日

こんにちは。オペレーターのSです。12月になりました。1年早いもんですね。やり残したこと、ありませんか?

 さて、Illustratorで作成されたトンボ(トリムマーク)は見た目はただの黒のように見えますが、選択して色を確認すると「レジストレーション」という設定がされていることがわかります。

 

 レジストレーションとは特定の色の名前ではなく、使用している全ての色で印刷するための設定とされており、CMYKカラーで作成されている場合には、CMYKの4色それぞれが100%の値で印刷されます。 なぜそんな必要があるかというと、各色の見当を合わせるためなんです。インキを順に重ねて刷り上げる際、4色すべての色で同じトンボを印刷し、各インキの刷り位置を合わせる目安としています。これにより、印刷時の色版ごとのズレをなくすことができるんですね。

ただ、トンボ以外のオブジェクトにレジストレーションを適用してしまうと、そのオブジェクトは全色100%の濃度で印刷されてしまいます。汚れや裏移りの原因になってしまうのでご注意ください。トンボを選択した直後に他のオブジェクトを作成する時などは危険ですね。

それではまたお会いしましょう。(*゚∀゚)ノシ