現在の位置 : ホーム > ブログ > データ作成豆知識 > 歯

店長の気ままにひとりごと

カテゴリー:データ作成豆知識 | 2013年02月13日

こんにちは。オペレーターのSです。また雪が降りました。春が待ち遠しいです。

「歯」といえば口の中にあるものが真っ先に思い浮かびますが、印刷用語にも「歯」があるんです。長さの単位として使われます。「H」と省略して表されることもあります。1歯は0.25mmで、文字と文字の間や、行と行との間を指定する時に使われます。なぜそれが「歯」なんでしょう。

0213

今の様な印刷技術が普及する前に印刷の版下を作っていた写植機は、歯車を回転させて文字を送っていたのですが、その歯車の歯の間隔が0.25mmであった事に由来しているそうです。歯を1つ分動かすと0.25mm送られるところから「歯」という単位ができあがったんですね。 デジタル化が進む中で、こういったアナログ時代の名残を感じる瞬間に、ちょっとほっとしたりもします。

それではまたお会いしましょう。(*゚∀゚)ノシ