現在の位置 : ホーム > ブログ > データ作成豆知識 > 画像を統合

店長の気ままにひとりごと

画像を統合

カテゴリー:データ作成豆知識 | 2013年11月06日

こんにちは。オペレーターのSです。11月ですね。窓から見える木々の葉も大分色付いてきています。

先週ハロウィンについて書きましたが、日本各地のイベントも結構な盛り上がりだったそうです。イベントを楽しむ人が増えるのはいいことだと思いますが、この夜渋谷の街に散乱したゴミの量は本当に酷いものだったそうです。残念でなりません。

さてさて、以前Illustratorでの入稿データ作成時にフォントをアウトライン化してください、というお話しをしましたが、Photoshopにおいては「画像を統合」という作業をしていただきます。 通常Photoshop形式(.psd)で保存するとフォント情報が残ったままになってしまうので、異なる環境でデータを開いた場合にレイアウトが崩れてしまう等の予期せぬエラーが起こってしまいます。

そこで作業中に作成したレイヤーを統合して、一枚の背景画像にしてしまいます。これでフォントもラスタライズされちゃうんですね。オブジェクトが増えるとともにレイヤー数も増えていくので、そういった場合にも有功な機能です。

ピクチャ 1

ただ一度統合してしまうと文字の編集などの修正ができなくなってしまうので、必ず統合前のデータを別で保存しておくようにしましょう。もしくは、Macintoshの場合はcommand+shift+option+E、WindowsではCtrl+Shift+Alt+Eで表示中のレイヤーが統合された新しいレイヤーが一番上に出来上がりますので、それを利用するのもいいかなーと思います。

それではまたお会いしましょう。(*゚∀゚)ノシ