現在の位置 : ホーム > ブログ > データ作成豆知識 > CMYK

店長の気ままにひとりごと

CMYK

カテゴリー:データ作成豆知識 | 2012年09月05日

こんにちは。スタッフのSです。随分日が短くなりました。秋がやってきますね。

さて、今日は軽く色についてでも。

 

印刷ではあたり前の様に使われる言葉「CMYK」。インクを合成する際の4原色の略称ですが、それぞれ何の略でしょう。

C:Cyan(シアン)/青

M:Magenta(マゼンタ)/赤

Y:Yellow(イエロー)/黄

ここまではご存じの方も多いはず。

 

ではKは何の略でしょう。Blackの最後の「K」ではありません。日本語の黒の頭文字「K」でもないんです。

K:Key tone(ブラック)/黒

の略なんですね。

なぜ黒をキートーンと言うのかというと、もともと印刷において画像の輪郭の細部をはっきり出すために用いられた印刷板を「キープレート(key plate)」といい、それに黒色が使われたからだそうです。

実はCMYの3色で黒を表現することもできちゃうんですが、ブラックが入ることでより締まりのある黒になります。そういった黒をリッチブラックなんて呼んだりします。

色々な言葉がありますね〜。私もまだまだ勉強中です。

それではまたお会いしましょう。(*゚∀゚)ノシ