現在の位置 : ホーム > ブログ > その他 > 「食」について考える

店長の気ままにひとりごと

「食」について考える

カテゴリー:その他, ブログ | 2020年08月20日

こんにちは。
長いお盆休みが明け、生活のリズムを取り戻しつつあります。
8月20日木曜日。らみれすちゃんがお送り致します。
昼間は尋常ではない暑さですが、朝と夕方は意外と涼しかったりします。
こうやってだんだんと季節が秋に移り変わっていくんだなーと思う今日この頃です。
毎日徒歩で通勤しているので、そんなところによく気づくようになりました。

さて、長いお盆休みにカカオ豆からチョコレートを作ってみました。
豆を洗い焙煎し、皮をむき、砕き、ひたすらに練り、最後に冷やし固めるという工程でしたが、
ひたすらに練る作業、なんと市販のチョコレートだと24時間から72時間練り続けるらしいのです。
さすがにそれはできないので、5時間ほどで妥協しました。
それでも全工程でほぼ1日。なかなか骨の折れる作業でした。

普段何気なく「おいしー」って食べてますが、よくよく考えてみると、あの実がチョコレートになるなんてすごいよなーってしみじみです。
人類の食への探求心って凄まじいです。
でも考えてみれば、人間もただの動物。まず「食べる」って事が生きる基盤ですもんね。
チョコレート作りから「食」について考える1日を過ごしました。
もし私が小学生や中学生だったら、これ自由研究にできましたね。
そういう年の頃は、自由研究なんて面倒くさいものでしかありませんでしたが、自分でテーマを決めて、研究して、まとめたり発表したりするって、もしかしたらけっこう面白いことだったのかもしれないですね。
大人になってから気づくってもんです。

色んなことが便利になって簡単になって、自分から「なぜ?」とか「どうやって?」とか疑問をもたなかったら、何も考えないままボーっと生きることになっちゃいますね。
時間のある時は、全工程を自分でやってみたり、よく見てみたりすることも大切かもしれません。
仕事でもプライベートでも。

お盆休み明けで特に仕事のネタもなかったので、休み中の出来事を書きました。
ではまた来週お会いしましょう。
ごきげんよう。