現在の位置 : ホーム > ブログ > 少部数でもご遠慮なく!

店長の気ままにひとりごと

少部数でもご遠慮なく!

カテゴリー:ブログ | 2020年11月30日

こんにちは。
11月30日、いよいよ明日から師も走る師走、12月です。
明日は「新語・流行語大賞」の発表もある日ですが、アノ関連なんでしょうかねえ・・・。
ちなみにわがDiPSでは流行など関係なく一年中「タイヘーン!」と「やっだーん♡」という言葉が飛び交う不思議な職場です。
そんなマンデーですがむーんがお送りします。

Facebookページにはすでにアップしたのですが先週末に個人出版の小説が完成しお引き渡しをしたばかりです。

最初にお電話をいただいて伺った時にはすでに原稿ができあがっていました。
文量をざっと計算したら25万字ありました。
(こりゃ500ページはいくなあ、しかしよくこんなにも打ったなあ・・・)
なんて感心してしまいましたが、ずーっと温めていた作品だったそうです。
理由は前回のブログにも書きましたがようやく日の目を見ることに。
完成した本をお届けしたところ、とても喜んでいらっしゃいました。
帰り際に言ってくださった「ありがとう」の言葉がとても心がこもっていて温かい気持ちになりました。

小説は4篇からなりますがタイトルの通り、すべて猫が登場します。中には著者が実際に飼っていた猫の名前も使われています。そんな猫の目線からの物語、読んだ人たちの心も温まるといいなと思います。
今回の作成部数は20部。最初は10部でいいかな、なんておっしゃってましたが、いざつくるとあの人にも、この人にも、と思いのほか気前よく(!)配ってしまうものなんです。
追加印刷も少部数で対応できるのがデジタル印刷の強みではありますがそれでも一度に刷ったほうがいくらかはお得です。自分史講座などでは想定する部数の20%程度多めに発注をしたほうが良い、とお話しするのですが10部の場合、倍の20部つくっておいても良いかと思っています。

このあとも20~30部の個人出版本が3本控えています。これからはこういう規模の出版がどんどん増えてくる気がします。「あ、それならDiPSでお願いするといいね」って言われるくらいに名前を浸透させていきたいです。

それではまた。