現在の位置 : ホーム > ブログ > 同い年の。

店長の気ままにひとりごと

同い年の。

カテゴリー:ブログ | 2020年12月14日

こんにちは。
ジャイアンツの坂本選手、経済評論家の勝間和代さんのお誕生日のマンデー、むーんがお送りいたします。
・・・勝間さんって同い年なんだよなあ、うーむ・・・。

そんな同い年のネタを。
今日お店に妹が来ました。そう、同い年の。
つまり双子ってことです。二卵性双生児ですね。
なかなかお金を返さない兄の職場まで「カネ返せやゴルア—-!」と貸したお金を取り立てにきた・・・わけではありません(笑)。

実は母が10月で80歳の誕生日を迎えていて、埼玉に住む姉と三人で何かを贈ろう、ということで妹がお金を立て替えて母にプレゼントしてくれていたのです。
そのお金を取り立てに・・・、いやまあそんなものか。
今日は仕事が休み、ということでお店まで来てくれた、というわけです。
うちのきょうだいは母が「三人仲が良くてけんかも滅多にしなかったからそういうところは苦労しなかったねえ」と言うくらい昔から仲が良かったです。

実は姉も妹も脚が速く小学校・中学校時代の運動会のリレーは注目の的でそんな中、肩身の狭い思いをしていました。
中学時代は二人とも陸上部の部長でしたしね。
確か昭和58年の「あかぎ国体」では開催ポスターのモデルに陸上部が起用されていて「風に向かって走ろう」と印刷されたポスターに妹、がっつり写ってました。
今思うとそのポスターを製作したのも朝日印刷だったのかもしれません。
会社近くの元総社中学校でしたし、その可能性は高いですね。

先週の”ミンミン”の話に続き、内輪ネタで申し訳ないです。
でもこういう自分の中での当たり前のような話も周りに話すと「へえ~!」ってなるんですね。
そんな自分史をいつか出版するのが目標です。
毎週こんな思い出を書いてれば一冊つくれちゃうかもしれませんが。

DiPSの年内業務はあと12日。19日・26日の土曜日は午後5時まで営業しています。
年賀状がまだ、という方お早めにどうぞ。
それではまた。