現在の位置 : ホーム > ブログ > 江戸小紋

店長の気ままにひとりごと

江戸小紋

カテゴリー:ブログ | 2021年02月26日

アッシュです。

明日から展示替え休館だった歴史博物館が「新・ぐんまのはにわ展」でオープンします。それに伴って、新商品の棚出しや整理のためにミュージアムショップに行ってきました。

今回の展示とは関係ありませんが、明日から高崎の藍田染工さんの江戸小紋の商品を展示販売いたします。故・藍田正雄氏の技術を受け継ぐ若い作家さんたちが、「着物ばかりでは需要が減る一方なので、普段使っていただける小さいものを作って『江戸小紋』を知ってもらいたい」と作り始めたハンカチ・マスク・カード・袱紗や金封袱紗です。本当に江戸小紋の着物はかっこよくて、時代劇好きな主人にいつかつくってあげられたら…と思いながらも、安い買い物ではないのでなかなか実行には移せません。でも今回仕入れたのは、女性が持ちやすいようなかわいらしい柄のマスクや、今「渋沢栄一」で注目されている養蚕業の歴史的な錦絵をモチーフにしたハンカチ、伝統的な顧問柄の袱紗など、すぐに使えそうでお手頃なものも多いので、是非皆さんご覧になってください。

そういえば、生前の藍田氏がディップスを訪れて、「活版印刷機」に大変興味をお持ちになって、いろいろご覧になっていったなー、と思い出しました。江戸小紋も紙に型師が抜いた版を使うので、少し印刷に似ているところがあるのかもしれません。とても粋な師匠でした。

では、よい週末を!