現在の位置 : ホーム > ブログ > 情報のアンテナの話

店長の気ままにひとりごと

情報のアンテナの話

カテゴリー:ブログ | 2021年04月12日

こんにちは。
1973(昭和48)年のこの日、祝日法が改正され振替休日が誕生したんだって。
割と新鮮な驚き、そんなマンデーもむーんがお送りします。

今朝NHKのニュースを観ていたら「両利きの経営」なる見出しがあって、なんだろうなあ、と思っていたら富士フイルムの古森会長のお話でした。
実は先週、社長から「これ読んでみろ」といただいた本がこちら。

すごいタイミング!と思って観てました。
画面には木の幹の上に立つ古森会長のイラスト。しかしその幹の根は細く今にもぐらつきそう。
会長の右手にはスコップ、左手は浮き輪のついた釣り具があります。
右手は既存事業のフイルム事業。さらに深く掘り進めて”深化”させていきました。
かたや右手の釣り具はというと・・・。
海の中に浮き輪を放ち、観察をしたうえで情勢判断をしていけると踏んだら計画を立て実行、をしました。
フイルムのノウハウを生かした化粧品や医療事業のことを指しているようです。
富士フィルムでは通常のPDCAではなく、
See 事実情報に基づいてWhy、Whatを大事にする
Think アイディアに飛びつかず本質を見抜く
Plan しっかりとした骨太の計画を立てる
Do 果断にチャレンジしてやり抜く
なんだそうです。
まだ半分くらい読んだところですが、この先どんな話が出てくるのか興味があります。

しかし、今日の話は本を読んでなかったら何事もなかったかのようにスルーだったと思います。
自分が意識している情報って自然と耳に入ってくるようになってますが、逆に関心がないことだとそうはならないですよね。SDGsなんてもう何年も前からの取り組みで報道もされていたはずなのに耳に届くようになったのはここ一年くらいですからね。
もっともっと情報のアンテナを張り巡らせておかないといけないよなあ、と思った月曜日の朝でした。
それではまた来週。