現在の位置 : ホーム > ブログ > 発信することの大切さ。

店長の気ままにひとりごと

発信することの大切さ。

カテゴリー:ブログ | 2019年12月02日

12月です。ラオスの建国記念日の12月2日のマンデーもむーんがお送りします。
そして「ドラえもん」のドラミちゃんも誕生日なんだって。
2114年生まれなんだって。あらそう。

昨日は渋谷へ行って来ました。
・・・とはいえ、菊池桃子さんと5時に待ち合わせしてたわけではありません。
・・・。知らないよね、平成生まれの人とかはさ。
渋谷に来るのも安室ちゃんのライブ以来だから4年ぶりですね。

実は昨日は所属する自分史活用協議会の「自分史活用アドバイザー」の認定講座でした。
アドバイザーになりたい人に向け講座を開催するのですが、私は本に関する印刷・出版のパートの講義を受け持ちました。
夜7時までの講座でしたが、毎回いろんな業種の方がやってきていろんな刺激や気づきがあります。
こんなふうに自分史活用アドバイザーの資格を取ってからは人の繋がりができて、そしていろんな行事をこなすことでそこから「自分史をつくる」ってケースが少なくないです。
自分で「こういうことをやる」って決意するとそういうものが飛び込んできたとかも。
今日も以前からいらしてたライターの方がいらして
「例えば自分と出入りしてる葬祭業とむーんさんとこで一緒にビジネスの形もつくれるよね?
ちょっと話をしてこようと思って」
なんて話にもなったりして。
やっぱり自分でこういうことをやってる、こうあるといいな、っていうものを発信していくことって大切なんだな、って感じました。
最終的に今日の話がどんなことになるかはわからないけどチャンスの芽って出すことに意味があると思うんですよ。
そういう意味では収穫のあった日かも知れません。

そうそう、昨日帰る頃の渋谷はこんな感じでした。

きれいだったのでパチリ。
もうクリスマスが近づいてますね・・・。
なんか実感ないですけど。
明日も市内の公民館で自分史のセミナーです。
たくさんの人に自分史の良さを広げていこうと思います。

まあ今週もがんばりましょう。