現在の位置 : ホーム > ブログ > 引き寄せる。

店長の気ままにひとりごと

引き寄せる。

カテゴリー:ブログ | 2020年02月10日

こんにちは。
2月10日、「布団(ふとん)の日」のマンデー、むーんがお届けします。

もう15年ほど前の話。
「1ヶ月くらい入院するのも悪くないなあ」
なんてつまらないことをふと考えたら3週間の入院が現実となってしまったことがあります。
割と「こうなるといいよなあ」なんて漠然と考えていると実際に起こることが多い気がします。

先日こんな本を買いました。衝動買いです。
いまはリアル店舗で買うように心がけていますがお店に行くとあれもこれもほしい本があって先月も7冊買ってました。
まだ買い足らずにスマホの中に買いたい本がメモしてあります。困ったものです。

で、最近購入した一冊がこれ。

左の日記の本です。最近はこの「知的生き方文庫」がマイブームです。

日記というと「その日あったできごと」や「感じたこと」を書き留めておくものだと思ってました。
この本では①夢・目標②やりたいこと③今日の出来事④今日の感謝⑤今日の成功法則をテンプレート化して毎日書き続けることを推奨していました。
①と②は朝書くわけです。
特に①は「来月までに2㎏痩せよう」と思うことを毎日書いていればその目標のために間食をしない、とか階段を使おうとか毎日意識が働くと思います
。毎日目標を書き続ける、ってところがミソです。目標が挫折してしまうのっていつしか目標への意識が薄れてしまうからなんですよね。
こういう日記の活用方法はいいなと感じました。

そしてその目標の実現について。
最近とても個人出版の受注が多いのですが、こういう場などでもこうして情報を発信しているとそれがどこかで引っかかってくること。
また、そういう情報があると私自身も目にとまりやすくなってたりします。
先日も県外から群馬で個人出版をやっているところを探していて業界誌やHPで「自分史活用アドバイザー」という言葉に反応してお電話をしてくれた方がいらっしゃいました。
そしてフェイスブック上では本をつくる決心をしたが工程もわからない、ツテもないので誰か相談に乗ってくれる人はいないだろうか、という県内の方の投稿がタイムラインに上がってきました。
やっぱり「個人出版をやるぞ」って意識を外に向けて出してくると自然とやってくるんですね。
それぞれの案件が実を結ぶかわかりませんがこういう縁は大切にしたいです。

・・・とまたまた長くなってしまいました。
愛車のタイヤがパンクしてしまって気持ちもへこみ気味ですが、明日また休みなのでリセットして水曜日に備えます。
それではまた。