現在の位置 : ホーム > ブログ > 読書週間が始まります。

店長の気ままにひとりごと

読書週間が始まります。

カテゴリー:ブログ | 2020年10月26日

こんにちは。
10月26日のマンデー、むーんがお送りします。
ちなみに昨日25日はむーんの永遠のスーパースター、ミスター赤ヘル・山本浩二さんの誕生日だったのです。子どもの頃からずっと憧れの人だったなあ・・・。昨年は膀胱がんの手術など4回も手術したそう。激やせされていましたがいつまでも元気でいて欲しいです。

さて、先週の話。
仕事でお世話になっている木部克彦さんが不意にお店にいらっしゃいました。
「木部さん、あ、あれえ・・・」
「そうだろ!21キロ痩せたんだよ。いや、コロナがあってからね・・・」
ということでテレビに出演した際に自分の太った姿に愕然として痩せることを決意したこと、この春できたGメッセ群馬まで毎日歩いたり走ったりしていること、などを聞きました。
一年もしないうちに21キロ!別人みたいだし。

その日はちょっとした依頼で帰られたのですが帰り際、
「むーんさん、これやるよ」
といただいたのがこの本。

アルツハイマーの進んだ要介護のご両親がいらっしゃって以前にもそれをテーマにして出版されていましたがその最新刊です。

昨日、一日で読み切りました。
木部さんならではの楽しい文章で、しかも上州弁全開の会話ですごく面白かったです。
詳しい話はあえて書きませんが・・・こんな風に笑い話にしているとはいえ、本当はものすごく大変な思いをされているんだろうな、と思います。仕事と介護をみごとに両立させている木部さんは立派だなあと感心せずにいられません。もし自分の親がアルツハイマーになってしまったら、もし自分がそうなってしまったら・・・こうしたことの問題提起という意味でも意義のある本ではないかと思います。

こんなふうにこの週末は著者となった方々からの本を読んでいました。
自分の思いを表現することって絵画だったり、彫刻だったり、音楽だったりあるけれど文章で表現することもすごく難しいですよね。
そして明日27日からの2週間は読書週間。読もうと思っている本が結構たまってるので朝活の一環で読書を始めました。
自分の人生の気づきや何かの行動のきっかけになるような本に出会えるといいなと思います。
それではまた。